HOME製品案内カテゴリー一覧 ≫ セルフピアスリベット

セルフピアスリベット

セルフピアスリベット:スポット溶接に取って代わる最新の接合方法
セルフピアスリベット
詳細を見る
詳細を見る

セルフピアスリベット(SPR)は、母材下穴を事前に開ける必要がなく、上側母材を貫通し下側母材を貫通させずに、複数母材の締結を可能にするリベットです。スポット溶接など従来の接合技術における課題を解消しつつ、精度の高い高品質の締結を実現いたします。作業の効率化やトータルコストの軽減など、製造工程の改善に貢献する画期的な締結技術です。

リベット径 Ø3.2 Ø5.2 Ø5.3
母材板厚 0.8mm~6.5mm
材質 スチール
ページのはじめに戻る
セルフピアスリベット電動システム:モニター機能機能を装備した環境にやさしい締結方法
セルフピアスリベット電動システム
詳細を見る
詳細を見る

リベットをツールに送給する自動送給システムです。サーボモータによる安定した締結品質が得られます。リベットカーブとエラー履歴をメモリーに記録し、締結工程中に母材板厚とリベット長さを判定するモニターを内蔵しています。

構成ユニット コントロール ツール Cフレーム フィーダ
ページのはじめに戻る