HOME会社案内 ≫ CSRへの取り組み

CSRへの取り組み

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画について

ポップリベット・ファスナー株式会社は、女性活躍推進法に基づき、女性が活躍できる職場環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定します。

1. 計画期間:平成28年4月1日~平成31年3月31日までの3年間

2. 当社の課題:

課題1:女性活躍推進を含めたダイバーシティ(多様性)の理解が低い。
課題2:管理職に占める女性の割合が低い。

3.目標と取組内容・実施時期:

目標1:「女性活躍推進を含めたダイバーシティについての社内研修の実施・および啓蒙活動の実施」
≪取組み≫
・平成27年4月~
女性社員を対象とした意識調査の実施
・平成27年5月~
女性社員及び男性管理職を対象としたダイバーシティに関するeラーニング受講の実施
・平成27年5月~
女性社員を対象とした女性活躍推進研修と研修後のアンケートの実施、及び社内イントラネットにて研修報告の実施
・平成27年8月~
男性管理職を対象とした女性活躍推進のための課題図書と研修事前アンケートの実施
・平成27年9月~
男性管理職を対象とした女性活躍推進を含めたダイバーシティ研修の実施、及び社内イントラネットにて研修報告の実施
・平成28年1月~
新任女性管理職対象者への管理職研修(外部セミナー受講)の実施
・平成28年5月~
女性社員を対象とした女性活躍推進のための継続研修の実施

目標2:「女性管理職を現在の8%(10名)から平成31年3月31日までに10%(12名)まで引き上げる」
≪取組み≫
・平成27年5月~
女性活躍推進のための女性社員モチベーションアップ研修の実施と管理職の女性活躍に関する意識を高めるための研修の実施。

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

ポップリベット・ファスナー株式会社は、次世代育成支援対策推進法に基づき、全ての社員がその能力を十分に発揮できるように雇用環境の整備などに取り組み、以下のように行動計画を策定します。

1. 計画期間:平成28年4月1日~平成31年3月31日までの3年間

2. 内容:

目標1:「育児・介護休業などを取得しやすく、職場復帰しやすい環境の整備」
≪対策≫
・育児・介護休業制度に関する規定、休業後の短時間勤務制度の周知・啓蒙を行います。
・育児のための就業時間短縮に対応する職場体制対応を図ります。

目標2:「女性社員が就業を継続し、活躍できるようにする為の取組みの実施」
≪対策≫
・女性社員に対して出産・子育てを経験し、働き続けるキャリア形成を図る研修を行います。
・管理職について、全社員が活躍できるようダイバーシティ(多様性)に関する研修を行います。また、全社に対して活動内容を報告し、啓蒙を行います。

中学生職場体験学習

弊社では文部科学省が提唱する「中学生職場体験学習」の活動に賛同し、毎年地域の公立中学校の生徒さんを受け入れています。

本年は11月15日から17日までの3日間の日程で実施し、メタル製品およびプラスチック製品を製造する現場と製品を発送する部署にて、「検査作業」「箱替え作業」「サンプリング」を体験していただきました。後日、生徒さんから心のこもったお礼状を頂戴しましたので、以下に内容の一部をご紹介します。

工場内での中学生職場体験学習の様子

「今回の体験で「仕事」への考え方が変わりました。働くことはとても大変です。でも、大変であるほど、それをやりとげた時に、自分を認めてもらったり感謝される喜びは大きいと感じました。職場体験学習で得たものをこれからの学校生活に生かして生きたいと思います。また、将来どのような仕事につくかわかりませんが、この3日間で学んだことを忘れずにいきたいと思います。」

この体験で得た事を今後の学業、クラブ活動等の学生生活に役立ててほしいと従業員一同応援したいと思います。今後も弊社はCSRの一環として、地域活動にご協力、貢献できるよう取り組んで参ります。

(当欄の掲載画像につきましては御本人ならびに学校側の了解を得て使用しております。)

学生支援活動

ポップリベット・ファスナーは若い日本のエンジニアの人材育成活動として、これまでに
 ✱ 豊橋技術科学大学
 ✱ 慶應義塾大学「自動車工学研究会(ホームページ)
 ✱ 東京電機大学の各研究室・プロジェクト・サークル活動
 ✱ サレジオ工業高等専門学校「ソーラーカープロジェクト」
の活動に賛同し、製品のスポンサーになっております。

支援している学生の活動の様子

・2016年9月上旬に静岡県小笠山総合運動公園で行われた全日本学生フォーミュラ大会に豊橋技術科学大学 自動車研究部が参戦し、支援企業として応援活動を行ってまいりました。

・学生の研究活動報告とコミュニケーションを図る目的で2011年3月に東京電機大学・フォーミュラSAEプロジェクトの皆さんと活動報告会を開きました。

当社は今後もスポンサー企業として引き続き若い人材を支援していく予定です。

支援している学生の活動の様子

第11回豊橋エコテクノレース・WEM in 豊橋・エコハイ 総合大会に参戦

豊橋エコカーレースに参戦

ポップリベット・ファスナー自動車部は、2009年5月30日・31日、愛知県豊橋市万場調整池で開催された『第11回豊橋エコカーレース・WEM in 豊橋・高等学校エコカーレース総合大会(エコハイ)』のWEM部門(3輪)と2輪部門に参戦しました。3輪部門は、競技時間が60分から90分に延長され、エネルギーマネジメントのハイレベルなレースとなりました。マシンの軽量化、空気抵抗低減、低電力消費走行だけでは、走行距離を伸ばせません。ハイブリッド・カーや電気自動車にも使われる回生システムの必要性が益々重要視されています。

また、循環型社会の為に、3R(リデュース、リサイクル、リユース)も重要なテーマです。私達の3輪マシンは、昨年のマシンのシャシーをリユースし、アッパボデーはLCA*を考慮し、アルミ材からプラ段に変更し、デザインをリニューアルしました。私達は、『グリーン・ファスニング』と呼ぶCO2の発生しない弊社の締結部品でマシンを組み立てました。こうした活動を通じて、製造業界でのエコに貢献していきたいと考えています。

※LCA:Life Cycle Assessment(ライフサイクルアセスメント)は、製品のゆりかごから墓場までの環境影響を評価する手法の一つ。

ステークホルダー

企業は、自らの企業活動のプロセスにおいて環境対応のみならず、さまざまなステークスホルダー(お客様、取引先・協力会社、従業員、地域社会)に対し、企業の社会的責任(CSR=Corporate Social Responsibility)とその説明責任を果たすことが求められています。

  • ポップリベット・ファスナー株式会社は、品質方針に基づき、革新的でコスト効率の高いファスニングシステムを確立、誠実さとチームワークを持って、継続的改善を行い絶えず顧客要求に対応していきます。
  • “For the Only One”- 差別化技術、製品で顧客の満足度を高揚する。
  • これを基礎としつつ、持続可能な社会の発展に貢献し、すべてのプロセス(設計・生産・販売活動)を通して、ステークスホルダーからの信頼を高めていくために優れた技術・製品・サービスを提供してまいります。
  • 環境方針に基づき、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の1つであることを認識し、環境経営及び管理を通して具体的な活動を推進します。
ポップリベットファスナーのステークホルダー
CSR活動

お客様に対して

お客様に満足していただける優れた商品の提供に努めます。誠実な対応に努め、お客様満足度を更に高めるよう全力を尽くします。

社会に対して

TS16949、ISO9001、ISO14001の継続認証を目指します。地域における環境保護の活動に積極的に協力します。(ゴミゼロ運動、ゴミの分別の徹底)

取引先に対して

相互信頼に基づく共存共栄の実現に取り組みます。

従業員に対して

従業員一人ひとりが能力、可能性を伸ばし発揮できる働きやすい職場環境を確立し、人材育成に努めます。また、グローバル企業として異文化の理解と協調の出来る社員の育成に努めます。

従業員への誕生日プロジェクト

当社で働く従業員の方を対象に、日々業務への感謝の気持ちを込めて誕生日のお祝い(焼き菓子)を各所属長からお渡ししています。

支従業員への誕生日プロジェクト

ノー残業デイ(ときめき☆Friday)の実施

労働生産性向上、省エネ効果、従業員の自己投資への時間を目的として、毎週金曜日を「ときめき☆Friday(ノー残業デイ)」を実施しています。

社会貢献活動

Earth day活動(毎年4月22日に実施)

アースデイ(別名:地球の日)は、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)によって概念が定義され、後にアメリカのG・ネルソン上院議員が4月22日に環境問題についての討論集会を開催することを呼びかけ、「地球の日」とすることを宣言し、アースデイが始まりました。 弊社・豊橋工場において、地球環境を守る取組み及び地域貢献活動として、お昼の休憩時間を利用して工場周辺の清掃活動を行っております。

アースデイ活動の様子

エコキャップ運動推進活動

細川護煕元首相夫人・細川佳代子氏が代表を務める「世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」が行っている「エコキャップ運動」に賛同し、飲み終わったペットボトルのキャップを回収し、定期的にNPO法人「エコキャップ推進協会」に送付しています。集められたキャップは「エコキャップ推進協会」がキャップ売却益をワクチン購入資金としてJCVへ寄付して頂いています。JCVは他の浄財とあわせユニセフに送り、ユニセフがミャンマー、ブータンなど発展途上国の子どもたちにワクチンを届けるシステムになっています。なお、キャップ800個で1人分のポリオワクチンが購入できます。ポップリベット・ファスナーでは毎月4,000個近いキャップが集まり、子どもたちを助けるお手伝いをしています。

エコキャップ運動推進活動1
エコキャップ運動推進活動2
エコキャップ運動推進活動3

クールビズ(地球温暖化防止活動)の実施

全社対象に「クールビズ」にて地球温暖化防止活動を行っています。2007年から開始し、毎年6月1日から9月30日まで夏季空調温度を28℃とし、ノーネクタイ・ノー上着活動を推進して参ります。
なお、豊橋工場はISO14001環境規定により、「省エネルギー活動」として工場全体夏季空調温度を28℃、冬の暖房は20℃に設定し地球温暖化防止活動に貢献しております。

クールビズ1
クールビズ2
ページのはじめに戻る